上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






ディズニーオンアイス再び


ディズニーオンアイスの翌日
“オレ、会場にデジカメ落としたかもしれない…” とダンナがぼやく。

はじめは、
“帰宅した時デジカメはあったんだ!”“帰宅後、鞄から出したところまで覚えてる!”
などとブツブツ言ってたのに、最後は落とした節が最有力に(汗)

中国ではとにかく
財布・携帯・デジカメは戻ってこない3大落し物なんですが(スラれる対象でもあります)
子連れが多い会場、かつ、マナーもいいお客さんばかりだったことを思い出し
会場の電話番号をネットで調べて、聞いてみることに。

そしたら・・・ なんと、ありました! 

これは、中国において奇跡です!!!(きっぱり)

“何色のポーチに入れてました?”“デジカメの色は?”など色々尋ねられて
“ありましたよ。いつ取りに来る?”と。聞いたときは耳を疑ったけど!

夜の8時だったのですが、
公演最終日だった為、用意していた夕飯をザックリ食べたのちダンナは会場へ向かいました。

ダンナ…だけの予定が、子連れの方が手続きが早いかも!という親の勝手なヨミで
モゾコも一緒にGO!(※よい子は寝る時間です)

デジカメの受け渡しは、ディズニーオンアイスの事務所で。

一応、チケットを持って何か言われたら座席の証明ができるようにしていましたが
結局、デジカメの記録媒体の中に、ダンナとモゾコが一緒に写っている写真があり
それを証明として無事に手元に戻ってきました。パチパチ!

そして、子連れ効果といいましょうか、事務所の人がこれ食えあれ食えと、
ゆで卵やら85度(中国のパン屋さん)のチョコやら色々おつまみをくれて…(↓こちらです)

事務所でいただいた食べ物


さらには、最終公演中の会場にまで入れてくれて、最後の20分ぐらい観れたそうです。

ダンナ1人だったら、こんな応対してもらえなかったでしょうね?(笑)

モゾコは帰宅後、
“また グーフィーに ばいばい!ってしたのー!”と大興奮でした。

ダンナ所有のデジカメも無事に戻ってきて、かつ、もう一度ディズニーオンアイスを観れて
2人揃って満足そうな顔をしての帰宅でした。よかったよかった、よかったね!


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




スポンサーサイト

テーマ:上海シャンハイ - ジャンル:海外情報







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 上海☆photoブログ, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。