上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






病院に行ってきました


本来10月の国慶節は、日本以外の国に行く予定でした。

ところが8月に第二子妊娠発覚。

8月の時点で分娩を考えていた病院に電話したところ、
既に来年2月の分娩予約が埋まっていたのでした!

そしてその病院で本人が一度受診しないと、分娩予約ができないと!! (・д・;)

私の出産予定は4月。
ってことは10月に一度出向いた方がいいと思い、日本へ。

モゾコの時は30週までに転院すれば受け入れてくれたのですが
この2年で仕組みが変わったようです。分娩できる病院が少なくなってるのかな。

ということで、今回日本に帰った一番の目的は分娩予約でした。

今年10月1日より、出産一時金が42万円に引き上げられたので
わぁ助かるなあ!と喜んでいたのは束の間、この分娩費に気絶寸前。

分娩費用


最低62万て!!!!!!! 値上がってる!!!!!!

モゾコを産んだ時は入院6日間、4人部屋で55万ぐらいでした。
それでも高いと思ったのに・・・(結局20万自腹)

出産一時金が引き上げられたことにより今までよりご用意いただく経済的負担が
軽減されます と記されていましたが、病院も同時に値上がってるんですけど、もしもし?

でも、これでも産む場所が少ないがゆえ、予約はどんどん埋まっていくのが現状。
(※決してセレブ御用達の産院でも病院でもありません)

モゾコを産んだ病院は、待ち時間も長く、入院の食事も質素、
アットホームな雰囲気ゼロですが、とにかく産む時、産んだ後、安心できたんですよね。

出産は命がけ、産んだ後も何があるかわからないということを
身をもって知ってしまい・・・またココを選びました。

そうそう、今回の問診担当の方がモゾコを取り上げてくれた助産師さんで
思わぬ再会にビックリ!当時は研修生的な立場でしたが、少し貫録がついてました(笑)

他にも医師や助産師さんも“あ!そうそう!覚えてる!”的、お顔がチラホラ。
待合室にて一方的に懐かしさに浸っておりました。

とりあえず、里帰りした時に産める場所を確保できてよかったです。
あとは、この病院で正産期に健康で適度な体重の子を短時間かつ安産で・・・(願い過ぎ)


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




スポンサーサイト

テーマ:妊娠初期(1?4ヵ月) - ジャンル:結婚・家庭生活







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 上海☆photoブログ, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。