上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






Cちゃん1


4月25日 土曜日。
子供連れ夫婦ランチ@韓国料理屋 『

去年、新朗・フランス人 新婦・日本人 カップルの結婚式に参列した話を書きましたが
その二人にめでたくベビーちゃん(女の子)が誕生。 現在4か月!

新婦は日本人といえど沖縄出身の沖縄顔(要はホリが深くて外人系)なので
二人の間に生まれたベビーが可愛いのなんの!! 

モゾコと並んでいると、完璧ベビーちゃんの引き立て役です。
そして改めて・・・モゾコって大和顔だねぇ・・・(笑)

ダンナがモゾコに、
『ほらほら、赤ちゃんだよー いい子いい子してあげて』 と言うと、意外な反応・・・

いつもなら赤ちゃんに向かって 『あかたん!かっわいー』 と姐さん気取りのはずが

Cちゃん2


拒否してます。 微妙に暗いし。

大きな瞳に戸惑っているのでしょうか?

Cちゃん3


ベビーの方が友好的に触ってくれています。

Cちゃん4


結局、『私、どうしたらいいんでしょう父上?』 と、目が泳ぎまくりのモゾコでした。

Cちゃん5


赤ちゃんに対して、パパはフランス語で話かけ、ママは日本語で話しかけていました。
ちなみに、この二人は互いの母国語がわからないそうです。 

ということは将来・・・ 
パパには『ママには内緒でお小遣いが欲しいの』 とフランス語でいい
ママには『パパには内緒だけど彼氏が出来たの』 と日本語でいえばいいのか!

と、いう冗談はさておき
4か月の小さい赤ちゃんを連れて、一緒にランチをしてくれた二人に感謝。

これからどんな女の子に育っていくか、楽しみです。


スポンサーサイト

テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児






シェラトンの部屋から(夜)


香港滞在ホテルの2つ目は、シェラトンでした。
写真はホテルの部屋からの眺め。

シェラトンって、お料理もサービスも(個人的に)いいとは思えないけど
何がいいって、とにかく立地がよかったです。 観光も買い物も、便利な場所!

そして楽しみにしていた夜景は、曇りのためかすんでいました・・・

『あー晴れてたらもっときれいに見えたのに!』と窓辺で嘆いている私をよそに
ディズニーランドでもらったシールを貼りあう二人・・・(- -) 夜景に興味ないみたい。

ぺったんぺったん


そんな2人でしたが、朝になると窓に張り付いて外の眺めを楽しんでいました。
ビデオを撮るダンナと、景色を眺めている(風な)モゾコ。

ホテルの窓からビデオ撮影


昼と夜、全然違う雰囲気です。 夜の方が幻想的だー
(上海もそうだけど汚いものがいい具合に見えないからね・・・)

シェラトンの部屋から(昼)


ホテルから出て少し行くと、ヴィクトリア湾沿いを歩けます。

香港島を眺める2人


この対岸のビルの多さ! これも、まさに香港名物ですよね。

香港島側の景色


シェラトンをチェックアウトして、このあとは九龍側から香港島側へ移動です。

シェラトン香港ホテル&タワーズHP→



テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






唐朝店内


香港で行ってみたかったお店、『糖朝

上海にもあるけれど、香港に住んでいた人いわく
「味が全然違う、香港の糖朝の方が美味しいよ!」 とのこと。

地元の人も行くようで、この盛況ぶりでした。 とても活気があるお店!

とりあえず、香港といえばお粥?と、夕食なのにお粥をチョイス。
それから海老入りラーメンともろもろ頼みました。
マンゴープリンは情報誌まっぷるを見せるともれなく1つプレゼントでちゃっかりゲット。

海老入りラーメン


マンゴープリンおかゆ


お粥は2人分以上はあるボリューム!
海老もぷりぷりでとっても美味しかったです。
看板メニューのマンゴープリンは意外に普通・・・

それにしても、香港人はよく働きますね?
これは、私が日本から来たのではなくて、上海から来たからそう感じたのかもしれませんが。
歩くの早いし、片付け早いし、効率的だし。 動きが機敏に感じました。

美味しかったね?♪ と、話しながらホテルへ向かう夜道。

香港夜道


こうゆう道に出っ張った看板は、まさに香港という感じ!
そして、道中こんなかわいいレトロなアイス屋さんも見つけました↓

アイス屋さんの車


上海と似ている部分もあれば、全然違う部分もある、不思議な街です。

香港 帰り道



糖朝HP→



テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






ディズニーハリウッドホテル


今回の香港滞在では、3つのホテルに泊まりました。

まずは1つ目 ディズニーハリウッドホテル

至るところミッキーだらけ!
これにはモゾコもかなりの上機嫌でした。

私はグーフィーにしか遭遇しませんでしたが、
チェックインの時、または廊下などで、ディズニーキャラクターが
うろうろしてることもあるんですって!(一体同じキャラクターが何人いるんだ!?)

部屋


スリッパシャンプー&リンス


歯ブラシシャワーカーテン


壁にも、アメニティも、、スリッパも、シャワーカーテンも、ミッキーミッキーミッキーマウス!
もぅミッキーばかりでゲップが出そ。

ホテル内には、子どもたちのプレイルームもありました。
モゾコも、もう少し大きくなったら砂絵とかねんどとかで楽しめるね?。

キッズルーム


翌朝の朝食。
ホテル1階にある、こちらのレストラン“シャフ・ミッキー”へ!

ホテル内レストラン


椅子のミッキー穴からニーハオしたり。

どーもー


天井の電気を見て、すかさず『わー ミッキィだぁ』と。(言われて初めて気づく)

電気


他にも、店員さんがシールをくれたり、ワッフルがミッキーの形をしていたり。
もう興奮状態のため、じっと座って食べることができません…

ピザがぶり!


ディズニーランドまでは送迎パスが頻繁に出ているのでとても便利。

他に、近隣にもう一つ、ディズニーランドホテルという
このホテルより格の高い(笑)バージョンもあります。大人的にはこっちの方がよさそうです。

この手のホテルに連泊すると、ミッキーだらけで目が疲れそうですが
1泊記念に泊まるのにはお勧め! そして子連れには楽でしたねぇ。

また次、香港ディズニーランドに来ることがあったら
ディズニーランドホテルの方に泊まってみたいと思います♪


香港ディズニーランドホテル・香港ディズニーハリウッドホテルHP(英語)→


テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






カップ1


さて、香港ディズニー乗り物編。

モゾコが乗れるアトラクションは限られていますが、どんな様子だったかというと。

まずは小さな子供連れには真っ先に思いつく “It'a small world”

スモールワールド


暗い照明では、ダンナにしがみついていたけれど
明るい場所では、お人形を目で追っていました。

スモールワールド1スモールワールド2


次はプーさんのハニーハント。

プーさん


意外に怖いんですよね、コレ。

暗闇で雷が鳴る中を通る場所では、モゾコは半狂乱(汗)
プーだのディガーだの楽しむ余裕なんて微塵もありませんでした・・・

アトラクションが終わると、
中にいたときの様子が画像で写し出されています。(購入可能)

写真


必死でもがくモゾコと手に負えないママと、救いの手を差し伸べるパパという構図。
(モゾコは、怖い時、甘えたいときはパパァ?です。負けた・・・)

そして、“ジャングル・リバー・クルーズ”

香港と言うこともあり、
英語と中国語(普通語・広東語)のに列が分かれておりました。

このジャングル・リバー・クルーズって、案内係が
『あぶなーい!ぶつかるー!!』 とか、 『船が沈むかもっ! うわー!』 など
大袈裟なジェスチャーとセリフで“お兄さん”が盛り上げてくれるのがウリの一つ。

ですが、こちらでは女性でした! ま、これはこれで新鮮。

女性でしたおそるおそる見るモゾコ


並んでいる人数が少なかった方が英語の列ということで、単純に英語を選択した我ら。
何やらお姉さんの発言に大ウケしてる中、私たち3人は意味がわからず真顔・・・

イヤな客ですねー 
しかも一番前に乗っててやりにくいですねー (そんなつもりじゃないんだけど)

水がかかったり、火災発生したり、本物そっくりな象や骸骨があったり。
モゾコより、私の方が純粋に驚いてしまったよ!

骸骨燃えてる!


そして一番喜ぶだろうと思って連れて行った“ゴールデンミッキー”

全員集合!


おいしいキャラクターどころが勢ぞろいの、音楽と歌のエンターテイメント★
なのに、モゾコはなんと暗闇をいいことに、寝た!!

疲れたのかな。 でも、ミッキーいるよ!というと、ビクッとして一応観る。

そうそう、この日の昼ごはんですが、
あの夢の国ディズニーランドと思えぬ食事でした。

え?ココ上海の食堂?みたいな ↓コレ

香港ディズニー食事

でも、モゾコは必死で食べてます。(一応和光堂の食事を持って行ったけど)
ダンナ、買ったばかりのジャケットにソースを付けてしまい泣いてます。(モゾコと同レベル)

ダンナ、なくなく拭く姿

さて、モゾコが一番意気揚揚としていた場所は、実はディズニーのショップ。

欲しいな・・・


このTシャツが欲しかったそうで、離しませんでした。
そしてパパにおねだり中。(こうゆうときも、モゾコはパパにねだる)

おねだり



モゾコ的には、楽しめたんだか楽しめなかったんだか
正直よく分からない初・ディズニーランド。

でも、上海に戻ってからビデオカメラを再生したり、PCで写真を見せると
『ウワァ? ミッキィだぁ? モゾコとミッキィいっしょ!!』 と、甲高い声だして喜んでおります。 

残った写真やビデオが、一番のお土産だったみたいです。

チャイナミッキー&ミニー

テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






ミッキーフロート



香港ディズニーランドでのパレード。
このチャイナ服(なんだって)を着たミッキーの巨大フロートがウリらしいです。

・・・にしても、あまりこのフロートはインパクトなかったような・・・

さて、パレード冒頭にやってきたのは、女の子の憧れプリンセスシリーズ。

モゾコは、これを見て、おひなさま と言っていました。
まだ彼女は“お雛様” と “お姫様” が同じみたいです。

プリンセス1プリンセス2


私的に、一番きれいだな?と思ったのはシンデレラ。
まぁ3姫共に、宝塚も驚く舞台化粧でした。 

そしてこのお水系のアリエルパレード!!!!!

アリエル水害


何をそんな『!』マークを5つも付けてるかと言うと、
アリエルの乗っているこのタコやらイカやら真珠の貝とやらに、水鉄砲機能が搭載されており
一眼レフと、ビデオカメラが直撃!水害に! えーーー!笑顔が消えた瞬間でしたよ!

泣くなく慌てて袖で拭き(え?袖かよって?) めげずに撮影&録画、再スタート。

なぜならモゾコの大好きなドナルド・デイジーがやってきたから!やっほー

ドナルドデイジー


そう・・・ モゾコはこのドナルド&デイジーが大好き。

最近はミッキーよりドナルド&デイジーに心傾いてます。
まったくモゾコは心変わりが激しいオンナだねぇ(笑) ママは細く長く愛する派だったよ・・・

そして、いよいよ主役級のおでましー★

主役クラスのお出まし


なんといいますか、
やはりミッキー&ミニーが最後にどーんと来ると、場も明るくなりますね。

アイドルの出待ちってこんな気分なんでしょうか。 
心躍ります。(ワタシ今年32歳・・・ 小声)

なのにモゾコってば、パレードの大音量に縮こまっておりました。

のりの悪いモゾコ


ダンナの大音量のいびきの隣で、ものともせず爆睡できるモゾコなのに
ディズニー音楽には意気消沈するなんて! ミッキーが泣くぞー! 

せっかくのパレードも、またもやモゾコのホットボタンは押されずじまいでした・・・


乗り物編につづく。


テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






ポーズ


4月11日 土曜日。 ダンナが出張中の週末です。
写真は、近所の公園にて。

モゾコに、『なにかポーズしてよ』 とリクエストしたら
お砂場セットを持って、身体を斜めにしていました。

モゾコなりに、これがポーズなんだと考えたんでしょうかね?

今日は、公園でレジャーシートを広げてモゾコにお弁当を食べさせて
砂場で遊んで、終わりかけの桜を見て、
市場で果物買って、スーパーでジュースとアイスを買って、帰宅。

公園の砂場


昨日は春を通り越して、夏のような上海でした。
なのに、帽子をかぶってね!と言っても、気づくと脱いでいるモゾコ。

芝生1


女の子は、『うわぁ?カワイイ!』 と、おだてるといいらしいので(先輩ママ談)
その作戦で頑張ってみます・・・

芝生2



久しぶりにゆったりとした土曜日。

緑が多くなった桜の木を見つつ、
季節の移り変わりをモゾコと感じながら過ごしました。


さて次は、また香港バナシを書きます(^ ^)


テーマ:★★1歳児の日常★★ - ジャンル:育児






ミッキー&ミニー


どどーん!! 夢のミッキー&ミニーとのショットです。
先週末、香港ディズニーランドへ行ってきました!

入口付近では、ミッキーとミニーと写真が撮れるようになっています。
そこで、なんと開園早々1時間並びましたよ・・・15分おきに2匹仲良く休憩しに行っちゃうし。

ミッキー大好きなモゾコでしたが、いざミッキーに会うと、かなりビビってました。
ミッキーの鼻キッスをかわすモゾコの図↓ 後ろのミニーの目が怖い。

泣きそー


このミッキー&ミニーとの写真撮影、実は開園時刻が一番並ぶみたいです。

もし、行かれる方がいたら、2時とか、4時とか、
中途半端な時間帯が一番空いていますので、そのぐらいの時間帯を狙った方がベター。

眠れる森の美女城


上の写真は香港ディズニーランドのお城です。  しょぼいですねー(苦笑)
ちなみに、東京ディズニーランドは“シンデレラ城”、香港は“眠れる森の美女城” だそうです。

でも、城の大きさなんてなんのその、気にしないっていうか気にならないわ?
敷地の狭さだって、1歳児連れの私たちには適度な広さなの?

しかも、この狭さがディズニーキャラクターとの遭遇率をググッと上げてくれたのでした。

さらに、平日ということもあってガラガラ。
モゾコがいなかったら絶叫系のアトラクションに乗りたかったヨ!
(子供のために行ったつもりが、いつの間にか自分目線になっていた)

モゾコと乗れるアトラクションが限られたので、
とりあえずキャラクターたちと、アホなぐらい写真を撮りまくりました。

ファンタジーガーデンという場所に行くと、キャラクターたちが待ってくれているのです。
そこで5分ぐらい並べば、いろんなキャラクターと撮ってもらえるし、触れ合っちゃたりも可。

ファンタジーガーデン


プーさんとティガーと。 ティガー、とってもフレンドリィ。

プーさまとタイガー


グーフィー、大きすぎてモゾコ号泣。

グーフィーと



プルートの帽子、何気に中国チックでキュートです。

プルートと


あれ?ここにもミッキーがいたよ!? ってことでもう1回いってみよ?

ミッキーと


写真でもお分かりのように、自分より大きかったミッキーにとまどうモゾコ。

またもや泣きそー


他にもキャラクターがいろいろいたのですが、
モゾコが全く楽しそうでなかったので(汗)ここで打ち切り。

このあと、モゾコが乗れたアトラクションや観劇で楽しみました。 

つづく。


香港ディズニーランド公式HP→



テーマ:香港 - ジャンル:海外情報






動物園


3月最後の週末は、浦東にある野生動物園へ。

まずは、園内バスに乗ってサファリパーク風に。
車を一台待って、一番前の席を陣取る気合で乗りこむ。

外を眺めるモゾコ


と、そんな気合も結局ムダで終わったような・・・

ぽつん、ぽつんといる動物たち。
日本でイメージするサファリパークとは程遠いものでした。

シマウマ


中国人は、どうやらトラが好きみたいで
トラのエリアに入るとカメラを持って車内をあちこち移動、撮りまくっていました。
(来年の干支は虎年、金豚の時みたいにまたベビーブームになるのかね?)

その後、今度は園内を散歩。
白い鳥(鳩?)のコーナーも大人気ですごーい人!!! 

とりとりとり


私たちは『海外安全情報で鳥には近づくなって言ってた!(by NHK)』 と
遠くから眺めるのみでおしまい。 鳥インフル怖いですからー!

と、いえどもモゾコはなぜかオウムのコーナーで一番白熱していました。
10元(150円)払えば自分のカメラで記念撮影できるよ?という場所。

羨望の眼差し


まったくやるつもりはなかったのに、前のめりになって撮影してる子を
羨望の眼差しで見つめるモゾコに、親もつい負けて一緒に撮ることに。

オウムと


実際、撮る瞬間になると、なんだか浮かない顔のモゾコ。
おいおい、親もオウムも、こんなにカメラ目線の作り笑顔満開なのにー!!
(オウムが笑顔なのかは謎)

そして、やっぱり外せないパンダコーナー。

パンダは、とーーーくの方でお食事中でした。 (写真右端)

食事中


私はパンダより、この動物園の中に沢山いた
ピンクの虫(?)のコスプレ子供に目がいってしまいました。 
1人や2人じゃないんです。 この格好の子がウヨウヨいるの!どうやら園内で売ってるみたい。

パンダのお部屋


でも可愛いね、大人がやると危ないだけだけど、子供は人間も動物も何したって可愛いよ。

あまり山場のない動物園だったけど、モゾコは満足していたようです。
でも、前回行った水族館の方が彼女的には盛り上がっていたかな。


さて、実は今日はこれから香港に行ってきます!!

そして、たぶん動物園より水族館より大好きになると思われる・・・
香港ディズニーランドへ! ついに、モゾコ、ディズニーランドデビューです。


上海野生動物園←HPに日本語があって驚いた!
住所 : 南汇区南六公路178号(上海野生动物园北大门)
TEL : 021-6118-0000



テーマ:中国 - ジャンル:海外情報






なっちゃんと


モゾコの上海フレンズの一人、“なっちゃん”

モゾコより1か月早く生まれたなっちゃんは、少しお姉さん的存在です。

なっちゃんとパン屋さんに寄った帰り、
それぞれが自分でパンの袋を持つと言い、2人そろって上機嫌。

31


42


上海で出会う日本人のお友達は、
いつかは日本に戻る子、また違う都市へ転勤する子がほとんど。

限られた上海での歳月を、こうして偶然が重なって一緒に過ごせたのだから
とてもすてきな出会いに違いありません。 

いつか必ず、さよならの日が来ることがわかっているだけに
さみしいけど、一緒にいる時間は貴重な時間。思う存分、楽しませてあげたいと思っています。

そして、そのなっちゃんも、4月に日本に戻ることになりました。

ヤンキー座り


モゾコはまだ、お友達との別れの意味がわからないけど
私自身、赤ちゃんの時から知っている子が近所からいなくなると思うと寂しいです。

あと何回、こうゆうお別れがくるのかな・・・

私たち家族も、いつか来る上海を発つ日のために、沢山思い出を作っておかなくちゃね。

ママばいばい




テーマ:海外で育児 - ジャンル:育児







| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 上海☆photoブログ, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。