上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






近所の桜


4月6日 火曜日。
今週で桜も終りですよ?という、天気予報士サンの言葉を聞いて桜の咲く公園へ。

シャボン玉しながら花見


散り始めた桜の花びらとモゾコのシャボン玉がいい感じでコラボしてました。

4月はあまり一時帰国することがない時期なので、久々にこんな沢山の桜を見たなぁ?。
(上海の自宅近所に桜は少ししかないので…)

モゾコも桜が風で舞うたびに「おぉ?ゆきだ!」と言ってました。(…ゆき?)

モゾコもおぉ?ッ!と感動中


でも、ご近所の皆さんはお掃除が大変よね、きっと…


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




スポンサーサイト

テーマ:写真日記 - ジャンル:育児






あんぱんまんMでヘアカット



2月18日 木曜日。
横浜にあるアンパンマンこどもミュージアムへ行きました。

モール内にあるアンパンマンヘアサロンで髪をカットしてもらうモゾコ。

いつも切ってもらっているのは、上海のローカル美容室で10元(140円!)カット…。

担当美容師さんに「慣れてますねー いつも美容院で切ってるんですかぁ??」と聞かれ
「はい!」と、堂々と答えた私(苦笑) 一応、美容院だよね…あそこ…(小声)

単にモゾコはこんな素敵な美容室でカットしてもらえることに緊張しているだけではないかと…

おとなしく切られています


自分の身体はアンパンマンに乗せてもらい、かつ目の前にはアンパンマンのDVDが流れ…
モゾコにとっては天国のようなものです。

本当はカットするつもりなんて全然なかったのですが
前髪そろそろ切ろうかなーと思っていたところに、前髪カット1000円なんて表示を見たものだから
これは記念にいいかも!と、突然入ってみたのです。 平日だから空いてたしね!

子供のヘアカットだけど、通常のカットは4200円。

うーーーん、わが家的には子どもにこの金額は高級だわ…。
親の私は銀座の激安美容室で、カットとカラーで5000円で済ませてるンですものー

さて、出来上がりの図です。前髪カット後。 
隠れていた眉毛がコンニチハ♪

どう?変わったかしら?


最後に、髪の毛全体にラメのヘアスプレーをかけてもらい、上機嫌なモゾコ。
「わぁ?きらきらだ!かわいいなー!」と、女子力UPした様子でした。


アンパンマンこどもミュージアム&モール
住所:横浜市西区みなとみらい4-3-1
電話:045-227-8855
アンパンマンヘアサロン
電話:045-662-9652

テーマ:写真日記 - ジャンル:育児






おばあちゃんの助けを借りて・・・


東京の実家に無事に到着した翌日、
さっそくモゾコはおばあちゃんとケーキ作りを体験。

今まで、粘土でなんちゃってケーキを作ったことしかないので
モゾコは意気揚々と、目を輝かせていました。

手作りイチゴショートケーキ


それにしても… コメントしようのないデコレーションですが…

そもそも、モゾコはあまりケーキが得意ではないのですが
自分で作ったケーキで、かつ、甘さ控えめ生クリームが気に入ったみたいで
1/8ぐらいにカットしたケーキをしっかり食べきりました。

モゾコの顔にクリームが・・・


ちなみに、私はこのケーキを食べ、おまけに実家にあったどら焼きを食べ
美味しい日本のみかんやリンゴを食べた挙句、妊婦検診で尿糖数値が引っかかりまして…

3段階のうち、一番ひどい2+という数値をたたき出してしまいました(涙) 猛反。

甘いものは午前中だけにしてくださいね!と、助産師さんに注意を受け
体重もあと1キロしか太れませんからね!と、念を押され…

日本の産科は管理が行き届いていますね…(笑) 
中国の産科では“お子のためにとにかく食え食え!”でしたからネ。


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




テーマ:写真日記 - ジャンル:育児






ディズニーオンアイス再び


ディズニーオンアイスの翌日
“オレ、会場にデジカメ落としたかもしれない…” とダンナがぼやく。

はじめは、
“帰宅した時デジカメはあったんだ!”“帰宅後、鞄から出したところまで覚えてる!”
などとブツブツ言ってたのに、最後は落とした節が最有力に(汗)

中国ではとにかく
財布・携帯・デジカメは戻ってこない3大落し物なんですが(スラれる対象でもあります)
子連れが多い会場、かつ、マナーもいいお客さんばかりだったことを思い出し
会場の電話番号をネットで調べて、聞いてみることに。

そしたら・・・ なんと、ありました! 

これは、中国において奇跡です!!!(きっぱり)

“何色のポーチに入れてました?”“デジカメの色は?”など色々尋ねられて
“ありましたよ。いつ取りに来る?”と。聞いたときは耳を疑ったけど!

夜の8時だったのですが、
公演最終日だった為、用意していた夕飯をザックリ食べたのちダンナは会場へ向かいました。

ダンナ…だけの予定が、子連れの方が手続きが早いかも!という親の勝手なヨミで
モゾコも一緒にGO!(※よい子は寝る時間です)

デジカメの受け渡しは、ディズニーオンアイスの事務所で。

一応、チケットを持って何か言われたら座席の証明ができるようにしていましたが
結局、デジカメの記録媒体の中に、ダンナとモゾコが一緒に写っている写真があり
それを証明として無事に手元に戻ってきました。パチパチ!

そして、子連れ効果といいましょうか、事務所の人がこれ食えあれ食えと、
ゆで卵やら85度(中国のパン屋さん)のチョコやら色々おつまみをくれて…(↓こちらです)

事務所でいただいた食べ物


さらには、最終公演中の会場にまで入れてくれて、最後の20分ぐらい観れたそうです。

ダンナ1人だったら、こんな応対してもらえなかったでしょうね?(笑)

モゾコは帰宅後、
“また グーフィーに ばいばい!ってしたのー!”と大興奮でした。

ダンナ所有のデジカメも無事に戻ってきて、かつ、もう一度ディズニーオンアイスを観れて
2人揃って満足そうな顔をしての帰宅でした。よかったよかった、よかったね!


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




テーマ:上海シャンハイ - ジャンル:海外情報






ある夜の風景


昨年の写真なのですが。 ある日の夜のリビングで。

この二人(ダンナ&モゾコ)はよくソファーで並んで雑誌や本を読んでるのですが
モゾコの愛読書のひとつが、このディズニーランドの攻略本なんです…。

生意気アシ


生意気に足をチョコンと組んで、読みふけっています。(読む…というか眺める?)

東京ディズニーランドは一度しか行ってないのに
「これみたねぇ」と言ってアリスのティーパーティを指さしたり。
2歳児の記憶ってすごいですね。 (でも“あいうえお”50音はなかなか覚えない)

実はダンナの家系の家族は、こうゆうガイドブックをちゃんと読むタイプの人たちなんです。
(私の方の家系はあまり読まない… とりあえず行ってしまえー♪ という感じ)

きっとダンナの家系の血を受け継いだのネ。

題名が「子供と楽しむ」って書いてあるのに、私は読まずに子供が真剣に読んでます(苦笑)

ぺらぺら・・・真剣読書


モゾコはしきりに 「ビビディ・バビディ・ブティック」の写真を私に見せては
「おしめしゃまになりたい」(お姫様になりたい)と言ってくるんですよね。

こんな小さくても変身願望があるなんてね?! おませキッズさん!


子育てスタイルのランキングに参加しています。
1クリックしていただけると嬉しいです。




テーマ:写真日記 - ジャンル:育児







| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 上海☆photoブログ, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。